• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2019/11/15 02:30

羊毛の素を想う 自然の息吹をいだく野性の紡ぎ糸

小さな道具を野山に連れて行って手仕事をしたら、ああ、どんなに気持ちいいだろう。そう思いついて出かけた初夏の湿原は、一寸先しか見えない霧の中。それから夏がすっかり終わり、秋も終わりそうになって羊毛の...

2019/11/10 23:19

山梨発のオーガニックコットンハンモックでノマド的な癒しのくらし

指先で触れるだけでも心地よいオーガニックコットン。その癒しの力に存分に包まれる最高の布使いのハンモックをご紹介いたします。 染色によるダメージのない無染色のオーガニックコットンの柔らかさ、温かさ。包...

2019/11/10 21:25

羊の毛 くるくる

冬が近づくにつれて、羊の毛に想いが偏る。でもその伏線はすでに夏にあり、さらにその伏線は幾重にも重なっている。衣服の素材の選択肢としての「ウール」からさらに「羊の毛」として考え出したのは記憶にある限...

2019/10/17 17:59

時の扉 未来の私 望みの現れ

 昨夜、夢の入り口。かつての刺繍作品の中に描かれた「時の扉」の岩穴へ入っていく。なにか違う世界に入った感覚があった。そして時の向こうに何かを伝えようとしている私。わたし?あ、未来の私だ。伝えようと...

2019/10/11 00:00

バージンウールの手編み靴下で、ポルトガル山間の小さな町に想いを馳せる。

     風に吹かれて草を喰む 羊は 柵の向こうの家を見た 窓辺では 二本の針がせっせと動いて 僕らの毛が靴下になってゆく   女たちは糸を編む おし...

2019/10/10 00:00

ポルトガルのフィッシャーマンが愛する手編みウールキャップ unisex

大陸の西の端の港町男たちの帰りを待ち待ち羊の糸を編んでいく水平線に目をやりゃ 心はシケて手元に目をやりゃ 心は凪いで行ったり来たり男たちはもう直ぐ帰る急がなくっちゃ羊の帽子まだできない水平線に目を...

2019/08/27 13:56

古代のスイス人風サンダル native Suisse sandal

旅するデザイナーBig Hugの永井さんが、スイスで見つかったミイラの写真をニュースでみたのがこのサンダルをデザインしたきっかけだそうです。作るのはタイの皮職人Oddさん。ビッグハグで長年人気のレザーシュー...

2019/01/30 14:34

八ヶ岳 苔の森でこだまになる 手紡ぎ草木染めオーガニックコットン手編みの帽子

あなたは 苔むす森に遊ぶ 木霊。黄、緑、黒。草木に染まった手紡ぎ糸を合わせて編んだら光、苔、闇。雨風さむさのあるまま育った樹皮のリズムで手の動くまま、気の赴くままにぐるりと編んだ。生成りモール糸の...

2018/10/01 09:57

Northern Light ミツバチとミツロウキャンドルの深遠なる世界

***日本に届けてくれているワイルドツリーさんに伺った ミツバチとミツロウキャンドルのお話***神様からの贈り物 ミツロウ ミツロウ(ビーズワックス)とは、ミツバチが巣を作るために体のなかでつくりだす...

2018/06/18 15:42

雨の日に灯火。みつろうキャンドルとのつきあい。

キャンドルを灯すくらしと聞けば、1日の活動を静める夜の時間が思い浮かびます。私が日常で最も頻繁にキャンドルを灯していたのは、自分で商売を始めたばかりの頃。疲れ果てて深夜に帰宅し、ワインと覚えたての...