• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2020/01/02 15:08


新年明けましておめでとうございます。
昨年は、大きな変化を見守っていただきありがとうございました。
ますます、変化を恐れず想いのままに進んで行きます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

さて、チャリティーとセールのお知らせなのですが
今、とても感慨ぶかい気持ちでおります。
この企画のお知らせに、どんな写真がいいだろうか考えたら、自然の写真がいい気がしました。
合いそうな写真を探し始めてすぐに心に留まったのがこの写真。

木曽へ越したばかりの秋、山や旅に行くための大きめのバックパックがあったらなぁと思っていたら
友人が譲ってくれたのが写真に写っているバックパック。
天国へ先立った愛妻が数回使っただけの遺品で、その愛妻は私の親友です。
一緒にどこまでも旅ができます。
さっそく、晩秋の赤沢自然休養林へ。お気に入りの場所で休憩した時に撮影したもの。
なんとなく、この写真にしようと決めました。

:::::::::::::::::::::::::::::::
さてさて、明日からチャリティー&セールを開催します。

1/3 10:00 〜 1/23 10:00

「みんなが嬉しい 想いが巡る 未来へ繋がる」

☆おかいものされる方にはお値引きを。
☆残りの売り上げから10%を NPO「みらいの森」へ寄付、
☆同じく10%を私が企画している「ひのぼり山荘」の活動で考えていることのひとつに使わせていただきます。

【セールについて】
今までからこれからへ。
ポトリオーガニックバザール時代から引き継いでいたセレクト仕入れ商品を売り尽くし、
期間中は0−50%オフの価格で販売いたします。
50%オフ すでにセールになっている夏のオーガニックコットン衣服、一部ウールの冬の衣服。
20%オフ ウールの冬ものセーター、手袋、帽子、靴下、ポンチョなど
10%オフ オーガニックコットンハンモック、カンボジアの手紡ぎショール(クロマー)
0%オフ こちらも売り上げから寄付をさせていただきます。店主の作品など。料理店のチケットも対象。

【NPOみらいの森への寄付について】
児童養護施設で暮らす子供たちのために、アウトドアプログラムを通じて生涯の糧となる体験を創り出し、幸せで実りある成長をサポートしている団体です。ホームページはこちら
私がこれからの活動で大事にしたいことの側面として、「一人一人が自信を持つこと、自由に表現すること、自分を生かしていけること」ひとりでも多くの人が少しずつでも実現していけたら、世界全体の未来にとって豊かに力を発揮できるという考えがあります。
辛い気持ちから自らの幸せを育む経験をした人は、強くその感覚を広げていける使者になることができるのではないでしょうか。
御岳ロープウェイ山頂駅で出会った方が理事をされているご縁で、こちらのNPOを知ることになりました。(御岳パワーすごい!)
期間中の全売り上げの10%を寄付させていただきます。

【ひのぼり山荘の活動資金について】
木曽にて整え中の「ひのぼり山荘」では二つの在り方とそれぞれの空間があり、そのふたつが助け合う形で運営できればと考えています。
1 料理店やショップなどの楽しみの入り口。「ひのぼり料理店」仮
2 自分らしさを解放するきっかけとなるより静かな時間。「火と水いる家」仮
後者の「静かな時間」について、内容と価格設定をさんざん考えましたが、無料にします。
友人が遊びに来るのと同じ気持ちで。できるだけ金銭ではないエネルギーでやってみることにしました。
(昨日ね、元旦の夜に降りてきたんですよ)
気づけばいつも気になっているのが、女性の心のこと。
私自身も含めて、自分の本音の声を聞くことが意外と難しい。
何がしたいのか、どうしたいのか、どうしてこんな気持ちになるのか。
私はそんなとき、「山小屋みたいなところに籠りたい!」と切望していました。
それが叶ってここにいます。その体験をおすそ分けできたらと思います。
山の水、赤い火で料理したり、屋根の上で空を見上げたり、小川のほとりで流れを見たり。
手を動かしたくなったら気のまま時のままに、店作りや糸巻きや縫い物や薪拾いなどで
好きなときに次に家に来る方、お店に来る方を支えていただけたらと思います。
私の居住空間でもありますので、男性は女性の方と一緒に滞在できます。
まずは日中の滞在から。詳細を練り、2月に試してみたいと思います。
今回、売り上げの10%を使わせていただきたいのは、滞在する方たちの食材費に。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
さてさてさて、どうして今、感慨深いのかというと
期間の最終日を設定したのは、次の出張料理店の前日までという理由でしたが、
1/23は冒頭で話した親友の命日。
写真の選定もなんとなくだったのに、チャリティーの内容を書いていたら
彼女が「そうだよ、やろうよ。」っているように感じました。

そんなわけで、皆さんの良いタイミングで、品々を眺めてご縁なものを見つけていただけますと嬉しいです。
ご来店お待ちしております。

l'isle