blog

2018/12/18 17:31

 私がハーブの世界に出会ったきっかけであり、セラピストという存在の意味を知った出会いでもありました。
お付き合いは長くなりました。私を筆頭に、有香房のハーブ製品を続けて手元に置く方が多いのはどうしてでしょうか。
私なりの解釈。どれもたくさんの香りはブレンドされていません。シンプルに「そのハーブと使う方がしっかり向き合える」から、安心してふたたび身を委ねたくなるのかもしれません。



+ 有香房 企画運営・アロマセラピスト 山梨県都留市 関戸有美さんからのメッセージ

 有香房では太陽と水、真摯に携わる生産者の信頼できる畑で育まれたハーブの香りを、できるだけシンプルに活かした製品づくりを心掛けています。それぞれの品には古くから伝承されている知恵が詰まっており、楽しく普段の生活に取り込むことが自然界の循環がきちんと流れていくことに繋がっていきます。

 国産ハーブウォーターや精油の香りを活かした暮らしをご提案します。あわただしい一日をリセットするひととき、そこに植物の香りが在り、深い呼吸で味わい、心洗われる感覚に浸り、解かれ、新たな我をまたいとおしむ。わずかな時間ですが、大切に思います。

 ご紹介する品々が、暮らしのひとこまひとこまを気持ちよくし、丁寧に自分や家族と関わって有形無形のつながりを実感する橋渡しとなってくれることを願っております。
賢明な植物の芳香だからこそ、時節に従い、製造の工程を急がずに見極め、ありのままを
伝えたい一心です。

 香りの生まれた過程に思いを馳せて頂けるよう努めていきたいです。


+有香房の国産精油について

 通年農薬を使わずに元気に育ったハーブの花穂、葉、木、果皮を中央アルプスの湧水で水蒸気蒸留しています。それぞれのハーブは早朝には精油を蓄えています。太陽が差し気温が上がってくるとハーブ自身を冷却しようとするために精油を発散させてしまいます。
そのためハーブを午前中に手摘みで収穫し、蒸留かごにふんだんに詰め、一度だけ蒸留器を通します。こうして軽い香りも心地よく雑味のない、まさにヴァージン精油を採ることができます。極わずかハーブウォーターの上部に浮くとても貴重な産物です。
 しばらくの時を経て熟成を待ち遮光瓶に詰めています。蓋を開けると、穏やかながら瑞々しく新鮮な香りが鼻先にまっすぐに漂ってきます。精油の香りは植物だったときの数十倍とも言われています。嗅覚には個人差があるので精油の香りを嗅ぐときは、微かに香りが鼻をくすぐる位が心地よく呼吸も深まります。ご購入後から時を重ねて熟成していく香りをお楽しみください。(開封後は1年以内でお使い頂くことをお薦めします)
 精油を2種類から3種類ブレンドすると香りがより引き立ちます。芳香浴をぜひお試しください。


+自然草花蒸留水について

 有香房の『自然草花蒸留水』は、ハーブを水蒸気蒸留して得られたスキンケアに適した成分をたっぷり含んだ香りある化粧水です。一般的には芳香蒸留水とかハーブウォーターなどと呼ばれています。
代表的なものにばらの花びらを蒸留して得られるローズウォーターがあり、肌が本来持っている回復しようとする力をより引き出すために役立つ成分を含んでいます。
それぞれの香りの特徴やハーブの持つ特性を参考に好みのものを選んでみてください。
洗顔後は自然草花蒸留水で肌にたっぷりと水分を補給し、自然草花オイルで保湿をして健やかな肌に導きましょう。


+有香房のフリーズドライハーブティー

通年農薬を使わない土壌で育てたフレッシュな生のハーブを、氷点下20度前後で24時間近く凍結後、遠赤外線で熱を加え、氷(固体のまま)を昇華し水分を飛ばします。

そのため、乾燥ハーブの5倍ほど速く短時間で抽出。お湯を注いで90秒ほどで生ハーブのフレッシュな色と香りが蘇ります。
劣化を遅くするために、なるべくハーブを大きな形で提供しています。
ハーブティーでは、ハーブの水溶性成分が摂取できます。舌下吸収されるようにゆっくりと召し上がってください。飲用のほか、お菓子やパン作りなど工夫次第で活用が広がります。

フリーズドライ加工ですので、重量がとても軽くなっています。少量で抽出がとてもよく、10g入りでおおよそティーカップ50杯から70杯ほどです。


<ハーブの量の目安>

お湯200〜225cc・茶葉1杯 →
   マグカップで約1杯分・ティーカップで約1.5杯分

お湯400〜450cc・茶葉2杯 →
   マグカップで約2杯・ティーカップで約3杯

(茶葉はティースプーン1杯=0.2g換算)



15,000円以上お買い上げで送料無料 ★☆◎印の商品はレターパック可

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

「灯鳥の島」ブログ